どこに行っても治らない、つらい痛みを根本改善「さくらなんば整体院」

整骨院と整体院の違い

 

皆様は現在、様々な症状に悩まされて、少しでも良くしたい、良い整骨院や整体院を見つけたいと、このページをご覧になっていると思います。

もう分かってるよ!と言う方もいらっしゃるかとは思いますが、柔道整復師(整骨院を開業できる国家資格)を保有する私が、簡単に整骨院と整体院の違いをお伝えしていければと思います。

まずは、整骨院でできることを整理して行きたいと思います。

整骨院でできること

保険を使用する場合は厚生労働省で決められた範囲である骨折、脱臼、捻挫、打撲、軟部組織損傷など、外傷の応急処置や急性期や亜急性期の施術になります。

簡単に言うと、ぎっくり腰や捻挫の場合に保険を使用して施術をしてもらうようなところです。
え?長年の肩こりや腰痛はダメなの?と思われるかもしれませんが、健康保険を使用しなければ、問題なく施術を受けることができますが、法律上、健康保険を使用して慢性的な症状への施術が出来ないこととなってます。

施術内容は様々ですが、
徒手での施術だったり、電気を当てたり、温める機械や、アイシング、テーピングなどを使い固定等も行います。

また、保険で行えない施術等は自費で対応するなど、豊富なメニューの整骨院も存在します。

骨模型

 

 

 

 

 

 

整体院とは?

整体院は整骨院と違い健康保険は使えず、完全自費の施術になります。

自費の施術所と言うことで、基本的には高い料金になっていることがほとんどです。
整骨院が初見料を除き、一回300〜500円くらいに比べ、一回5000円〜15000円と幅広く、お高いです。

国家資格は保有している方もいますし、お持ちでない方もいらっしゃいます。

資格

 

 

 

 

 

 

整体院の経歴が長ければ長いほど、優秀な先生??

技術力ですが、自費施術で高額という特性上、選ばれるのは最後になることが多いため、病院で検査したけど異常が無いと言われリハビリを受けたり薬を飲んでも改善しない場合や、リラクゼーションや整骨院に行ったけど改善しなかった方が最後の砦として来院されるので、難解な症状を相手に奮闘している先生は、症状改善のための知識や技術が豊富にあると考えます。

逆にそうでなければ、100%患者様からのお支払いで運営する整体院は存続することが不可能だと思います。

単純に経歴だけでは測れませんが、一つの基準として見てもらえればと思います。

 

手のひら

 

 

 

 

 

私が整体院を運営する理由

私は柔道整復師や鍼師、灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を保有しており、開業した当初は鍼灸整骨院を開業しておりました。

しかし、現在は整体院を運営しております。

なぜ、整体院を選んだのか?
それは、整骨院では、多くの方の悩みの一つである慢性疾患の施術が出来ないことや、金額が低いため時間のかかる施術がコスト的にできないなど、施術に縛りが出てしまうことで、いくら勉強し知識や技術を蓄えても、それを患者様に還元することが出来ないなど、

私の努力が足りなかったのかも知れませんが、歯痒い思いをしておりました。

いろいろ悩んだ末、時間や内容に縛りなく自由に施術ができる整体院を新たに開院することを選びました。

様々な技術と知識

整体は整骨院のように厚生労働省で決められた範囲が無いため、本当に自由です。
自由度が高いため、何を信じて良いのかわからない!という方が多くいるのは当院に来られている方々も最初に口にされておりました。

こればっかりは、こういう文章などを読んで頂き、こだわりや想いを感じてもらい共感できるか?この人に任せていいか?とご自身に問いかけて見てください。

皆様に素晴らしい先生が現れることを願っております。

最後までありがとうございました。

難波の整体で口コミランキング1位「さくらなんば整体院」 PAGETOP